作品のコンセプト:松井 沙都子 先生(120分)

¥ 3,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

こちらの授業は終了いたしました。
YouTube聴講をご希望の方は個別に対応させて頂きますので「CONTACT」よりご連絡ください
_________________________________

オンライン授業(1枠:120分)です。
コンセプトとは一般に、作品の背後にある「思想」や「概念」と言われます。作品制作において重要なコンセプトについて、この講座では言葉だけではなくワークショップを通じて、コンセプトと作品制作とがどのような関係にあるのか、作り手の視点から感覚的につかみ取ることや、作品作りのノウハウや基礎力を養うことを目指します。
講座の前半は、過去の美術作品からコンセプトについて学ぶレクチャーを、後半はコンセプトとともに作品が生み出されるプロセスを体験するワークショップを実施します。
作品制作やコンセプトについて悩んでいる方や、アート的思考に関心がある方など、作品制作をされていない方でも幅広く体験していただきたいオススメの内容です!

▼こちらは、複数人参加可能のオンライン講座の予約フォームです。
▼「種類」より参加希望の回を選択してください。
▼当日キャンセルは返金できません。予めご了承ください。
▼システムの都合上「送料」の表記がありますが、送料無料の商品です。
また、商品の配送が完了しました」というメールが届きますが、チケット等は届きません。


【参加方法】
・事前申込制となりますので必ずご予約をお願いいたします。
・Zoomの無料ビデオを使用します。携帯でご参加される方は事前にアプリをインストールしてください。
(パソコンの方はインストールなしで大丈夫です)
・ご入金確認後、ご登録のアドレス宛にこちらから確認のご連絡をさせて頂きます。
・講義中は顔出しでなくても参加可能です。
・講義中は発言をされる時を除いて、ご自身の音声をミュート設定でお願いいたします。
・授業の様子は基本録画しますので、講座終了後に聴講ご希望の方はご覧いただくことが可能です。
(基本1ヶ月間限定で公開いたします。)

【カリキュラム・日時】
・第1回 5月24日(日)10:30〜12:30:レクチャー:コンセプトとは何か
・第2回 6月14日(日)10:30〜12:30:レクチャー:〈社会に生きる人〉の作品のコンセプト
・第3回 7月12日(日)10:30〜12:30:レクチャー & オンラインワークショップ:私の作品のためのコンセプト
・第4回 8月9日(日)10:30〜12:30:オンラインワークショップ:コンセプトに基づいた作品計画
・第5回 9月13日(日)10:30〜12:30:作品の発表会

【定員】8名(最小開講人数 3名)

【参加費】
¥3,500(税込):各回
※今回はオンライン講座オープン特別価格とさせて頂きます。(通常4,000円予定)
1枠は120分です。開始時間は厳守にてお願いいたします。

【ご用意いただくもの】
パソコンやスマホなどの機器、ネット環境


【松井先生からのメッセージ】
新型コロナウィルスの影響で、様々な不便や困難が増えました。でも新しい暮らしの新しい感性から、これまでにないコンセプトが生まれることもあります。例えば美術作品ではありませんが、いわゆる「オンライン飲み会」のコンセプトも、当たり前に人と会える状況であれば、あり得なかったものではないでしょうか。今は作品制作の余裕のない方も多いかもしれませんが、今皆さんが感じていらっしゃることは、たとえそれが負の感情であったとしても、将来新たな作品のコンセプトを生み出す糧となるに違いありません。またこの授業では、過去の様々な立場の人が手がけた作品について知り、そのコンセプトに思いを馳せる場面があります。この中で、作り手である私たちが現在のこの社会や暮らしをどう捉えるのか、そしてこれからどう振舞うことができるのかということについて、少し具体的に考えるきっかけにしていただけたらと思っています。この授業に参加してくださる皆さんが、この授業で考えたことを、今後の新たな作品の展開に活かしていただけたら、何より嬉しいです。

【プロフィール】
美術作家。1981年 兵庫県生まれ、大阪府育ち。2017年博士(美術)(京都市立芸術大学)。「足りなさ」を基準とする造形という独自の方法論による作品を制作。インスタレーションを中心に、立体造形、写真、ドローイングなど様々なメディアを用いる。近年は現代の日本の住空間をモチーフとする作品シリーズを展開。主な個展に「モデルハウス」(2018年、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)、「抽象住宅」(2018年、ギャラリー恵風)、「ブランクの住空間」(2015年、gallery PARC)。
Web :http://matsui-satoko.com

通報する